贈与契約の種類

Pocket

贈与とは、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思表示をして、相手方がこれを受諾することによって成立する契約で、これを「諾成契約」という。

契約の種類

【口頭による契約】

・贈与履行前

各当事者は撤回することができる。

・贈与履行後

履行されていない部分は撤回できる。

【書面による契約】

・書面による契約は、書式や様式において、決まりはない。

・履行前後にかかわらず、一方的な撤回はできない。(相手方の承諾が必要)

贈与の種類

【単純贈与】

・通常の一般的な贈与。

【定期贈与】

・定期的に財産を給付する贈与。

・贈与者または受贈者が死亡した場合、その効力を失う。

【負担付贈与】

・受贈者に一定の義務(負担)を負わせる贈与。

・受贈者がその負担すべき債務を履行しない場合、贈与者は贈与契約を解除することができる。

・贈与者は、その負担の限度において、売買契約の売主と同様の担保責任(瑕疵等)を負う。

【死因贈与】

・贈与者が死亡して効力を生ずる贈与。

・贈与者と受贈者の双方の合意が必要。

・受贈財産は相続税の課税対象となる。

・遺言によって撤回できる。

贈与者の義務

【財産権移転義務】

・贈与者は、受贈者に財産権を移転する義務を負う。(たとえば不動産なら、引渡や登記など)

贈与が書面によるものである場合で、贈与者が建物の所有権移転登記に応じないとき、受贈者は、贈与者に対して登記を求める訴えを提起できる。

・贈与した財産に瑕疵があっても、贈与者がそれを知らなかった場合、その責任を負うことはない。

・瑕疵を知っていながら、それを告げなかった場合は、責任を負わなければならない。