在宅で稼ぐことのメリットと、最適な在宅ワーク

Pocket

在宅で稼ぐことができるようになれば、人生は自由になる。

大事なのは、時間を切り売りするのではなく、自分の知識やスキルで稼ぐことだ。

在宅で働きたい

在宅で稼ぐことができれば

・いつ起きてもいい

・いつ働いても、休憩しても誰にも文句は言われない

・通勤しなくて良いから、満員電車に乗らなくていいし、渋滞のなか運転しなくてもいい

・天候も気温も関係なく、快適に働ける

と、夢のようなメリットだらけだ。

自分は、「やりたくないこと、やらないこと」を書き出して、たまに自分の心と向き合うようにしている。

そうすることで、「自分の好きなこと、得意なこと」が認識できる。

自分の場合

・嫌いな人と働きたくない

・嫌な上司や先輩にペコペコしたくない

・満員電車に乗りたくない

・渋滞のなか、運転したくない

・意味のない退屈な仕事したくない

・無駄な研修や会議に参加したくない

などがやりたくないこと。

つまり、独立して在宅で仕事ができれば、これらの問題は全てクリアになる。

嫌なことをやりたくないから、その分努力する。

そうすれば夢のような自由が得られる。

自由の代わりに、責任がある

在宅で稼ぐことができれば、自由な生活が待っている。

ただし、その代わり大きな責任も伴う。

いつまで寝てても良いし、どれだけ働くかも自由。

ということは当たり前だが、収入が1000万の可能性もあれば、収入がゼロになる可能性もあるということ。

全ては自己責任だ。

誰も助けてはくれない。

自分で自分を律することが大事になる。

誰にも文句言われないからと、だらだらしていても、喝を入れてくれる人はいない。

自由には、「自己責任」が伴うということ。

在宅ワークに最適な仕事

では在宅で稼ぐにはどうしたら良いか。

基本的にITスキルがあると応用しやすい。

プログラマーやwebデザインなどはスキル習得も簡単ではないが、身につければ一生食っていける、在宅の代表的な仕事だ。

また「クラウドワークス」などを見れば、すぐにできるライティングやデータ収集などの仕事もある。

でも、もし「在宅で稼ぎたい、何かスキルを身に付けたい」と考えるなら、一番良いのは「ブログを書く」ことだと思う。

まず誰でもできるようなデータ収集などの案件は、あまり勧めない。

これらの仕事は、在宅でできるという点は良いが、単価が安いし、時間を切り売りすることになる。

もちろん、頑張ってプログラミングやデザインを覚えるのは良いと思う。

でも最初に始めるなら、ブログが良い。

まず「好きなこと」「興味があること」をブログに書く。

そして書くのに慣れてきたら、情報として人の役に立つことを意識する。

ブログはコツコツ書いていくことで、自分の記事が積み上がっていき、やがて誰かの役に立つ。

そして役に立つことで、収入を得ることができる。

それは、自分が寝ている間でもずっとだ。

ブログは読まれ続ける限り、収入になる可能性が常にある。

つまり「ブログは資産になる」ということだ。