理解しておきたい所得税の基本。所得の種類と税率を、FPが解説

階段を上る息子
Pocket

私たちの生活でお金が動くときには、ほとんどの場合税金がかかっています。

ですからお金の管理をする上で税金の知識は重要なことなんですが、あまり税金のことを学ぶ機会はありません。

税金は取りやすいところからは容赦なく取られますので、自発的に税金のことを学ばなければ、節税はおろか払わなくてもいい税金を払ってしまう可能性があります。

中でも所得税は税金の基本ですので、抑えておきましょう。

所得税とは

所得税は個人が受け取った1月1日から12月31日までの、その年の「所得」に対してかかる税金で、国籍は関係なく日本に住む人(正確には日本に住所があるか、1年以上の居住者)にかかります。

そこで所得税を知るには、まず「収入」と「所得」の違いを理解しなければなりません。

「所得」というのは、受け取った全ての収入から、それを得るためかかった費用(必要経費)を差し引いたもののことをいいます。

たとえばサラリーマンなら社会保険などを引かれる前の、給料の総額が収入。

自営業者なら、経費などを差し引く前の総売上のことをいいます。

それぞれ控除や経費を差し引いた、利益のことが所得です。

所得税はこの収入ではなく、所得に対して一定の税率を掛けて計算します。

基本的に全ての所得に対して所得税がかかりますが、例外として

・遺族年金や障害年金

・雇用保険の基本手当

・生活用品の売却による所得

・宝くじの賞金

などにはかからず、これを「非課税所得」といいます。

また相続や贈与で得たものには、相続税や贈与税を払うので、所得税はかかりません。

国税庁のホームページはこちら

所得税の種類は10種類

所得はその性質ごとに次の10種類に分類され、その種類ごとに所得金額を計算します。

・事業所得

・給与所得

・不動産所得

・配当所得

・利子所得

・退職所得

・山林所得

・譲渡所得

・一時所得

・雑所得

所得税の税率

日本の税率は「超過累進課税」といって、所得が大きくなっていくほど税率も高くなっていきます。

つまり稼げば稼ぐほど、税金も高くなるということです。

所得税は

所得金額×税率−控除額

で計算されます。

税率と控除額は、所得金額をもとに次の表のように決められています。

収入ではなく、所得であることに注意です。

課税される所得金額  税率  控除額
195万円以下  5%  0円
195万円超  330万円以下  10%  97,500円
330万円超  695万円以下  20%  427,500円
695万円超  900万円以下  23%  636,000円
900万円超  1800万円以下  33%  1,536,000円
1800万円超  4000万円以下  40%  2,796,000円
4000万円以下  45%   4,796,000円

税金に関しては、こんな記事も書いています。

「マイホームのお金。購入・維持・売却時の税金を解説」

「株式投資をするなら損益通算を理解する。税金の知識は必須」