情熱と才能を掛け合わせることで、好きなことが仕事になる

Pocket

やりたいことを仕事にしたい。

そのためには「好きなこと」を「得意なやり方」でやれば良い。

好きなこと情熱

好きなことというのは

・情熱を持って取り組めること

・時間を忘れて没頭してしまうこと

・何をやっても良いと心を解放した時に求めるもの

など、心が求めることである。

好きなことを見つけるには、過去を振り返ったり、自分の成功法則を見つけたりしながら、分析するやり方がある。

いずれにせよ、自分に対して、いろんな側面から質問を投げかけ、それに答えながら自分の心と向き合うことが大切だ。

長いこと好きなことを我慢することに慣れてしまっていると、本当に自分が好きなことに気づきにくくなっている。

「お金がたくさん手に入ったら、どういう生活がしたいか」

「もしも、あと一年しか生きられないとしたら何をするか」

と考えるのも、1つのやり方だ。

得意なやり方才能

自分が本当に好きなことが何かがわかったら、何が何でもそれをやり通す。

好きなことを仕事にしてしまおう。

そのためには、自分の才能を活かせば良い。

自分の才能を活かすことが、自分の得意なやり方につながる。

自分の才能に気づく方法としては「ストレングスファインダー」が良い。

ストレングスファインダーは、自分の得意なやり方=才能を発見するツールだ。

用意された質問に直感で答えることで、自分の資質がわかる。

診断結果には34の資質が上から順に並べられる。

上位の資質が自分の得意なやり方であり、それを活かすことが、自分の強みを活かすということ。

たとえば自分の場合、上位5つの資質は

  1. 慎重さ
  2. 内省
  3. 分析思考
  4. 競争性
  5. 自我
  • という結果になった。
  • どのようにしたら自分の資質を活かせるのかといったアドバイスもくれる。

    自分の資質を活かした方が、早く結果を残せるので、受けておいた方が良い。

    好きなことを得意なやり方で

    この2つを掛け合わせると、やりたいことを仕事にできる。

    掛け合わせ方はいくらでもあるし、それをお金に変えるやり方もたくさんある。

    まずは「好きなこと」「得意なやり方」をはっきりさせよう。

    あとはそれを組み合わせて、どう仕事にするかを考えれば良い。

    好きなことを得意なやり方でやる。

    そうすれば、好きなことは仕事にできる。

    それが、一番幸せな生き方である。