「理想の自分」を実現する近道は「毎日コツコツ」を継続すること

Pocket

理想の自分を思い描き、それを実現したいと毎日考えている。

どうすれば早く実現できるか。

その一番の近道は、やはり「毎日コツコツ」を継続することしかない。

少しずつしか進めないし、無理をすると結局は「停滞」したり「後退」することになってしまう。

無理なく、地道に積み重ねるのが結局一番早くたどり着く。

ポイントは3つ

・少しだけ無理をする

・やりたいことのために努力する

・自分でルールを決める

毎日少しずつ自分の限界を超える

継続するために無理をしないと言っても、進歩がなければ前には進めない。

だから前に進むために、毎日少しだけ無理をして、コツコツと何かを積み重ねていく。

ポイントは「少しだけ」で良いということ。

例を挙げると、筋トレで筋肉をつけたい時。

筋肉を大きくするためには、もうきつい、限界、と思ってから、もう少しだけ自分を追い込むことが大事。

これが他のことにも言える。

毎日やると決めたことに、少しだけでも工夫を重ねる。進化させる。

そうすることで一歩でも二歩でも前に進むことができ、積み重ねると一年でも何百歩と進んでいる。

時には進めない、後退してしまったんじゃないかと感じることもあるかもしれない。

でも継続さえすれば、必ず進んでいる。

そして、いつのまにか自分でも驚くほどの場所にいる。

これはイチローの引退会見で学んだことだ。

イチロー引退会見に学ぶ。「自分が夢中になれるもの」を見つける大切さ

やりたい事をやるため努力をする

少しだけでも無理をする。

これを継続するのは、それが「やりたいことを実現するため」だからだ。

そうでなければ、継続するのはきつい。

まずは自分と徹底的に向き合って、本当にやりたいことを見つける。

そしてそれを実現するために、努力を続ける。

その努力は、あくまでやりたいことを実現するための手段であり、無理をしなくて良い。

楽しみながら、それを継続した時にどうなるかを想像しながら、コツコツやる。

自分で決める

そして継続するにあたって、もう1つ大事なポイント。

何のために継続するかをはっきりとさせ、何を毎日積み重ねるかを自分で決めるということ。

自分でルールを決めて、それを守ること。

誰かに決められたものではなく、自分にルールを課して、それを守る。

それが出来なければ、雇われて指示されることを文句を言わずやる人生だ。

自分はそれが絶対に嫌だから、自分が決めたルールを守っている。

はじめは、どんな小さなことでも良い。

毎日コツコツと積み上げる習慣をつけて、少しずつ大きくしていく。

自分との約束を守るくせをつける。

誰かに操作される人生ではなく、自分自身で人生を作っていく。