楽天よりもAmazonを選ぶ。理由は、時間をとられたくないから

Amazonギフト
Pocket

ネットで買い物をするならAmazonと楽天のどちらかで買うことが多いです。

両方使った私の結論は、「年会費を払ってもAmazonのほうが得」と判断して、最近はほとんどAmazonで買っています。

それぞれの特色をまとめたうえで、なぜ私がAmazonを選ぶのかをお話しします。

 

Amazonのメリット・デメリット

 

Amazonは大きなショッピングモールのようなもので、商品の管理はすべてAmazonがしています。

Amazonというショッピングモールで自分で商品を売って、利益を得ているというのがAmazonのビジネスモデルになります。

私はAmazonのプライム会員ですので年会費3900円払ったうえでのメリットをあげています。

【メリット】

・検索がしやすく、目的の商品をみつけやすい

・値段の比較がしやすい

・定期便が安い

・送料が無料

・プライムビデオが見放題

・プライムミュージックが聞き放題

・プライムリーディングの本が読み放題

・kindleが4,000円引きで買える

このようにたくさんのメリットがあります。

しかし、ほとんどがプライム会員の特典ばかりですので、プライム会員への入会は必須でしょう。

【デメリット】

・ポイントはあまりたまらない

・プライム会員は会費がかかる

プライム会員の会費は年間3900円で、これが最大のデメリットです。

しかし、会費の元はすぐにとれます。

逆にプライム会員でなければ、Amazonで得することはできませんのでプライム会員の会費込みで楽天と比較する必要があります。

Amazonのギフト券をお得に手に入れる方法を記事にしていますので、参考にどうぞ

「Amazonギフト券へ5000円チャージで超お得!還元率は20%」

では楽天のメリット・デメリットもみていきましょう。

 

楽天のメリット・デメリット

 

【メリット】

・ポイント還元率が驚異的

・ふるさと納税でもポイントが貯まる

【デメリット】

・商品の検索がしにくい

・返品・返金の対応が店舗によって違う

Amazonがショッピングモールなのに対して、楽天自体は商品を持っていません。

楽天は商店街のようなもので、そこからテナント料を取って成り立っているビジネスモデルです。

楽天では商品ごとに販売店のサイトに入っていくのですが、そこでは広告がたくさん貼り付けられ、かなり派手なつくりになっています。

また販売店ごとにレイアウトが違うので、買うボタンがどこにあるかなど、統一感がなくわかりにくいので、目的の商品を買うまでに時間がかかります。

このわかりにくさが、私の中では最大のデメリットです。

 

Amazonを選ぶ理由

 

Amazonはアメリカの会社ですので、楽天とのシェアを比べてみれば、世界的にはAmazonの圧勝です。

しかし国内ではほぼ互角のシェアとおり、商品の多さも差は感じません。

そのうえで私がAmazonを選ぶ理由は「時間をかけずに安く買い物ができる」という点です。

Amazonも楽天も良いところがありますが、商品の選びやすさは確実にAmazonの方が上です。

欲しい商品はすぐに見つかりますし、Amazonで買っておけば、損をすることはないという信頼感もあります。

今私が一番欲しいのは、時間です。

会社で働く時間以外、家族との時間、ブログの執筆や、読書などの情報のインプットの時間をつくりたい。

Amazonも楽天も安く買えることはわかっていますから、それなら商品の検索に貴重な時間をとられないAmazonを選びます。

ポイントや割引きを使って、最安値で買い物をしようとすれば、すぐに1〜2時間経ってしまいますので、私は最初からAmazonと決めています。

ただ例外として、ふるさと納税などは楽天が得なので、楽天でしています。

楽天のポイント還元率はすごいですし、Amazonよりも安く買える場合もたくさんありますので、買い物に時間をかけてもいいという人なら魅力的です。

楽天を使うなら、生活の中で楽天が使えるところはできるだけ楽天にすることで、ポイント還元率を最大に高めることができます。

最安で買うなら、Amazonと楽天の両方で検索して、ポイント込みで最終的な判断をするといいでしょう。

参考までに、アマゾンと楽天のリンクを貼っておきます。

【Amazon】

【楽天市場】