楽天の期間限定ポイントを使って給油

Pocket

楽天のポイント還元率に惹かれ、いまではアマゾンよりも楽天を愛用している。

楽天ポイントの仕組みを理解して、買い物でメインに使えば、ザクザクとポイントが貯まっていく。

さらにキャンペーンなどを活用すれば、より多くのポイントを貯めることができる。

ただし、キャンペーンなどで獲得したポイントは、期間限定ポイントとなり、使える期間が決まっているのが難点だ。

ポイントがいくら貯まっているのか、使用期限が迫っているポイントはないかを確認しておかないと、気づかぬうちにポイントが失効してしまう危険がある。

これは非常に勿体無い。

せっかくのポイントを失効させてしまわないために、普段からポイントを使用して買い物をすることをおすすめする。

楽天はポイント支払いでも、ポイント付与

ポイントで支払いしてしまうと、ポイントがつかないからもったいないと考えている人もいるかもしれない。

しかし驚くことに、楽天ではポイントで支払いした分にもポイントが付くのだ。

だからポイントは貯めてしまわず、買い物するたびにあるだけ使ってしまおう。

そうすれば、期限切れでポイントが失効してしまうようなことにはならないはずだ。

ガソリンスタンドでも使える

楽天ポイントは楽天市場などのネットショップで使えるのはもちろんだが、実際の店舗やレストランでも使える場所がたくさんある。

詳しくは下記のページを参考にしてほしい

楽天ポイントが使えるお店

普段使っているお店で使えるのに使っていないこともあるかもしれない。

そして使えるお店は、どんどん広がっていてこの先も期待が大きい。

なかでも自分がおすすめするのは「ガソリンスタンド」だ。

ガソリンスタンドでの給油は、車を持っている人なら必要な出費であり、ポイントを効率よく使う絶好の機会だ。

ポイントの期限が迫っているからと、ムダな買い物をしてしまうことも減らせる。

自分は自宅近くの、出光サービスステーションで給油して全額ポイント払いにしている。

ややこしい手続きも一切必要なし

ポイントは1ポイント=1円として使える。

さらに期間限定ポイントから優先して使われるので、ポイントの期限が迫っている人にはありがたい。

さらに2リットルにつき1ポイントの楽天ポイントが付与される。

ガソリンスタンドでの使い方も簡単。

給油機に楽天カードを差し込むだけ。

ガイダンス通りにやっていけばオーケー。

ただ自分が最初に使ったときわかりにくかった点を書いておく。

・支払い方法の選択画面にポイント払いという項目がないので、「クレジットカード」をえらぶ。(ポイント不足分はカードで支払い)

・クレジット機能付き提携ポイントカードで決済を行う場合は「はい」を選択となっており、「はい」を選択する。

・油種や給油量を選択していき、最後に「ポイントを利用する」というボタンを押す。

・利用するポイントを聞かれるので、必要数のポイントを入力。

・レシート発行も聞かれるので、念のために発行しておくと良い。

楽天ポイントを持っている人は、日用品や生活必需品の支払いにポイントを使うことをおすすめする。