目標を明確にすることの効果

Pocket

目標を明確にするためには

目的を達成するためには、目標を設定することが効果的だ。

人生の目的ともいえる大きな目標を達成するために、中目標、小目標を立てていく。

まずとりかかるのは、小目標。

小目標はすぐに達成できるくらいの、小さな目標を立てると良い。

そしてより具体的な目標にすること。

具体的ですぐに達成できる目標なら、飽きずに続けられ、習慣化することができる。

小さな目標を達成していくことで、その感覚が次の目標に向かっていく意欲になる。

そして小目標を少しずつ達成しながら、中目標を達成し、やごて大きな目標を達成する。

目標を意識すると起こること

小さな目標に向かって、ひたむきに毎日取り組んでいると、やるべきことがシンプルで集中できる。

そのため効果が上がりやすい。

また常に目標を意識していると、不思議とそのために必要な情報が集まってくる。

たとえば法律系の資格を取ることを目標に、日々やるべきことをこなしているとする。

それを強く意識して、努力していると

・資格を最短で取るためにどうすべきか

・今より効率的な勉強法はないか

・勉強した法律は、実生活ではどうなのか

・実際の有資格者はどんな働き方をしているのか

など資格を取るための方法や、モチベーションが上がるような情報が目につくようになる。

目に見えているものは変わっていなくても、自分が意識することで、見えてくる。

必要な情報というのは、いつも身近にあるものなのだ。

ただし意識していなければ、なかなか見えてこない。

これも、目標を明確にすることの大きなメリットだ。

大きな目標と小さな目標を立てる

人生レベルの大きな目標というのは、短期間で結果がでるものではない。

だから挫折しやすい。

挫折しないためには、すぐにできて明確で、具体的な目標を立てる。

その目標を1つ1つクリアしながら、少しずつ前に進む。

小さな結果を、ひたすら積み上げる。

そうすることでしか、大きな目標は達成できない。

回り道のようで、それが一番の近道なのだ。

だから明確な目標が必要になる。

常に思い続けると、願いは叶うというのは、明確な目標が潜在意識に刷り込まれるからだ。

必要な情報も、この潜在意識によって集められる。

だから目標を立てて、向かっていく習慣をつけよう。

そして夢を叶えよう。