メインバンクは住信SBIネット銀行。ATMには並ばない。

財布と小銭
Pocket

数年前にメインバンクを住信SBIネット銀行に変えました。

きっかけは毎月振込みをする必要があり、以前は銀行に行って振込んでいたんですが、行く手間と振込み忘れをなくすために何か方法はないかと探していたところ、便利な銀行を見つけました。

それが住信SBIネット銀行です。

住信SBIネット銀行には、「定額自動振込サービス」というものがあり、設定しておけば毎月自動的に振込んでくれるという便利なサービスがあります。

使い始めると他にも便利なサービスが充実しており、メインバンクとして使うようになりました。

 

住信SBIネット銀行で手数料削減

 

【手数料がかからない】

住信SBIネット銀行をうまく使えば手数料を払うことはありません。

まず振込手数料ですが、同じ住信SBIどうしなら手数料は無料です。

また他の金融機関に振り込む場合でも、カンタンに無料にすることができます。

住信SBIネット銀行では、月ごとに預金残高や給料の入金口座として使われているかなど、各種条件によって1〜4までのランクが付けられます。

そのランクによって特典が用意されており、当然ながら住信SBIネット銀行の使用頻度が高く預入残高が多いほど優遇されます。

そのなかには他行への振込手数料に対する特典もあり、ランクによって月1回〜15回無料になります。

(住信SBIネット銀行と三井住友信託銀行への振込は無制限で無料です)

住信SBIネット銀行

たとえば私はランク2なので月3回他行への振込手数料が無料です。

仮に全く条件に当てはまらなくても、ランク1となり振込手数料は月1回無料です。
つまり口座を持っているだけで振込手数料が月1回無料になるということです。

ちなみにランク3だと、月7回。

ランク4になると、月15回無料になります。

他にもATM手数料も、入金は無制限で無料。出金も月2〜15回無料です。

 

他にも便利なサービスがたくさん

 

コンビニATMやイオン銀行、ゆうちょ銀行などたくさんの銀行ATMに対応しているのでどこでもおろせます。
これだけATMがつかえれば、ATMに並ぶこともありません。

残高もわざわざ通帳の記入にいかなくても、ネットで確認できます。

マネーフォワードにも対応していますので、他の資産と合わせての把握もしやすいです。

便利なマネーフォワードに関しては「家計はマネーフォワードで一元管理。プレミアム会員になった理由とメリット。」で詳しく書いています。

外貨預金の手数料が低く、キャンペーンで手数料がさらに安くなることもよくあります。
私は米国株に投資をしていますので、ドルを買うときに役立っています。

さらに住宅ローン金利も低く、団体信用生命保険も無料です。
繰り上げ返済の手数料も無料です。

私の友人でも実際に住宅ローンを組んでいる銀行で一番よく聞くのも、住信SBIネット銀行です。

ほかにも自分の口座の中で、マイホーム資金や教育資金など目的別に口座を振り分け貯金できる機能もあります。
貯金を細かく管理でき、モチベーションアップにもつながりますね。

セキュリティの面もしっかりしています。

また住信SBIネット銀行には「スマート認証」という無料のセキュリティサービスがあり、スマートフォンにアプリをインストールすれば使えます。

スマートフォンを使ってログインにロックをかけたり、取引の承認を行うことができます。

かなり強固なセキュリティになっているので、ネット銀行の安全性を心配する方でも安心して使えます。

ただし任せきりではせっかくの安全性も発揮されませんので、スマート認証のやり方を正しく実行しましょう。

 

キャッシュレス生活にネットバンクは必須

 

先ほど紹介した自動振込サービスもそうですが、振込作業がすべてPCやスマホでどこでも完結します。
銀行でお金をおろして、振り込むなどの手間もかかりません。

すでに今の時代で銀行に足を運んでわざわざ振込の手続きをするというのは、時間と労力の無駄遣いです。

キャッシュカードにVISAデビットの機能をつけることもできますので、クレジットカードを持ちたくない人でも、現金を持ち歩く必要がなくなります。

キャッシュレス派は、現金派の2〜3倍貯金が多いという統計もあります。

私も現金を持ち歩かないように意識し始めてから、お金の使い方の意識が変わりました。

キャッシュレスについては「キャッシュレスで時間とお金を節約。現金を使わないようにしてよかったこと」という記事でも、私の考えを書いています。

資産形成の第一歩として、ネットバンクの口座を開設してみるのもいいですよ。

その時は私の経験から「住信SBIネット銀行」がおすすめです。

住信SBIネット銀行では、お得なキャンペーンもたくさん用意されています。

くわしくは、こちらの「住信SBIネット銀行公式ページ」を見てください。