確定拠出年金(iDeCo)に加入。感じたメリット・デメリット

確定拠出年金の教科書
Pocket

2017年1月から確定拠出年金(iDeCo)に加入しました。

将来受け取る年金を増やすためです。

もし将来のためにとコツコツ貯金をされているなら、加入するべき制度です。

この制度は使わないと損ですよ。

 

確定拠出年金(iDeCo)とは

 

iDeCoとは自分で決めた額を毎月積み立てながら、その掛け金を自分で運用していくことで将来に向けた資産形成を進めていける年金制度です。

20歳以上60歳未満であれば加入できますが、企業型確定拠出年金に加入している方など一部の方は加入できません。

掛金は月々最低5000円からで、1000円単位で設定でき上限は12000円から68000円と幅広く、職業等によって違います。

加入条件や掛金の上限額についてはiDeCo公式サイトにわかりやすく書かれています。

こちらの「iDeCo公式サイト」ではiDeCoの仕組みを、マンガやアニメを使ってわかりやすく教えてくれていますので興味のある方はぜひ理解を深めるためにみてください。

 

確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリット、デメリット

【メリット】

なにより節税効果が大きいことです。

・掛金が全額所得控除

たとえば毎月の掛金が1万円の場合その全額が所得控除の対象となり、仮に所得税(10%)住民税(10%)とすると年間2万4千円、税金が安くなります。

・運用益も非課税

通常、金融商品を運用すると運用益に課税されますが(厳選分離課税20・315%)、iDeCoなら非課税になります。

・受け取るときも大きな控除

iDeCoは年金か一時金で、受け取り方法を選択することができます。

年金として受け取る場合は「公的年金控除」、一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。

この節税効果は、掛金が大きければ大きいほど効果も大きくなります。

今の生活に無理がでてはいけませんが節税効果を最大にするためにも、掛金は上限まで拠出するのがベストです。

ほかにも

・企業年金などに比べ倒産や業績悪化のリスクがない

・年金積み立て額がしっかり把握できる

・確定拠出年金向けに提供されている運用商品には、一般向けのものより手数料などが優遇されている商品もある

などがありますが、やはり最大のメリットは大きな節税効果です。

【デメリット】

大きなデメリットは原則60歳以降の受け取りとなることです。

加入すると基本的に積み立てたお金は60歳になるまで引き出せないので、そこをよく考えて月々の掛金を設定しなければいけません。

ただし途中で掛金を変更することもできます。

また元本確保型の商品もありますが、投資信託等の商品の場合は元本を下回る可能性もありますので、運用商品も慎重に選びましょう。

 

確定拠出年金(iDeCo)に加入するには

 

加入手続きの流れ

1、金融機関を選ぶ

金融機関をいくつか選び、商品やサービスを確認し比較しましょう。

2、掛金を決める

先述したように60歳まで引き出せません。無理のない金額で掛金を決めましょう。

3、運用する商品を選ぶ

しっかり商品を見比べ、慎重に選びましょう。

長期の運用になりますのでコスト(信託報酬)をしっかり確認しなければいけません。

まとめ

iDeCoは運用次第で元本を下回ることがありますが、節税効果がとても大きいですので、それだけでも加入する価値があります。

私の場合、SBI証券で外国株式のインデックスファンドを積み立てていますが、現在は順調な世界経済ですので手数料を引いた後でも損益はプラスです。

この先どうなるかはわかりませんが、上記のメリットに加え給料から天引きされることで、あまり意識せず将来のための資産が蓄積されていくのはとてもいいことです。

検討中の方、この記事を見ていいなと思った方はぜひ少額からでもはじめることをおすすめします。

サラリーマンでも自分の意思で節税できる、少ないチャンスです。