海外旅行保険は、カード付帯か保険加入か。補償を比較

海外旅行のチラシ
Pocket

海外旅行に行くときに、保険に入るかカードに付帯した保険でいいかというのは迷うところです。

私は以前、海外旅行に行った時は保険に入っていきましたが、今思うとカード付帯の保険でよかったかなと思っています。

その理由を記事にしてみます。

カード保険と一般保険の違い

 

カード付帯の保険と一般の保険会社の保険の違いは

・補償内容

大きな違いとして「疾病死亡」「歯科治療費」に対する補償です。

海外旅行中に病気で死亡した場合や歯の治療を行なった場合、一般保険では補償対象ですがカード保険では補償されません。

・補償金額

ほとんどの場合カード保険よりも、一般の保険の方が補償金額も高く設定されています。

・支払い方法

治療費の支払い方法ですが、カード保険では現地では立て替えて支払い、帰国後に請求するカード会社が多く、一般の保険は自己負担することなく治療を受けられる会社がほとんどです。

ここまでを比較すると、圧倒的に一般の保険会社の方がいいように感じますが、その分保険料も高くなります。

カード付帯の保険はもちろん別途払う必要はありませんが、一般の保険の場合私がハワイに行った時に払った保険料は1万円ほどでした。

 

カード保険だけで良い理由

 

しかし本当に1万円を払って、備える必要があるでしょうか。

さきほど挙げた違いから、一つずつ考えていきましょう。

・補償内容

カード保険にない補償として「疾病死亡」と「歯科治療費」がありました。

しかし死亡するほどの病気を抱えたまま海外旅行する人は少ないでしょうし、歯の治療も旅行前にしておけばいいだけです。

そう考えると、どうしても欲しい補償ではありません。

・補償金額

実際の補償額を、いくつかの保険会社とカード会社で比較してみましたが、疾病治療や障害治療に関してはほとんどの場合、一般の保険の方が補償金額は高いです。

例として、私がメインで使っている【Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)】の障害治療と障害治療の補償額はいずれも200万円ですが

AIUの海外旅行保険では、どちらも無制限に補償されます。

しかしカード保険の場合、障害死亡保障を除いて持っているクレジットカードのすべての補償額を合算することができます

たとえば先ほどの「オリコカードゴールド」に加えて、「楽天カード」「dカード」を持っていた場合、すべてのカードの補償額を合わせると「最高600万円」の補償を受けることができます。

これだけあれば、十分ではないでしょうか。

また複数のカードを持つメリットとして、カード盗難時のリスク軽減にもなります。

 

【Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)】に関しては「オリコカードのポイント還元率と特典がすごい。Amazonでも一番お得」という記事も書いています。

 

・支払い方法

これに関しても、最近は多くのカードに「キャッシュレスサービス」の機能がついています。

このサービスがついているカードなら、現金で立て替えることなく治療を受けることができます。

ただしこのサービスが使えるのは、提携している病院に限られていますので出発前に調べておいた方がいいでしょう。

 

メリット・デメリットまとめ

 

あらためて、メリット・デメリットをまとめます。

【カード付帯の保険】

メリット

・海外旅行保険が付帯している(別途費用がかからない)

・持っているカードすべての補償額を合算できる

・キャッシュレスサービスを使えるカードもある

デメリット

・複数のカードでも、死亡保障に関しては最も高額な補償のみが適用

・一部カードはキャッシュレスサービスがついていない

 

【一般の保険会社の保険】

メリット

・病気による死亡や、歯の治療も補償対象

・補償金額が手厚い

・手持ちの現金がなくても治療を受けることができる

デメリット

・費用がかかる

・申し込みが必要

以上の点を考えて、私はカード保険で十分と考えます。

どちらもメリット・デメリットがありますので、自分にあった方を選びましょう。

またカードの保険と保険会社の保険は合算できますので、合わせて考えておきましょう。

カード保険の注意点として、保険の適用条件に「自動付帯」と「利用付帯」がありますので注意しましょう。