株式投資をするなら損益通算を理解する。税金の知識は必須

Pocket

株式投資にも税金の知識が必要です。

思い切って株を買ってせっかく利益をあげても、仕組みを知らなければ税金を払い過ぎたりするケースがあります。

逆に損をした時に税金が軽減される方法を知らないのも、節税のチャンスを逃します。

 

IMG 2900

上場株式等の配当金にかかる税金

 

まず上場株式等の配当金は配当所得として税金が源泉徴収されますので、配当を受け取った時点で納税は完了します。

しかしその後、確定申告をすることで総合課税か申告分離課税を選択できます。

総合課税というのは、給与所得などと合算して課税するので所得が高いと税率も上がります。

所得が低いと、総合課税を選択した方が良い場合があります。

もうひとつの申告分離課税ですが、これは確定申告はするけど他の所得とは合算せずに税率20.315%で、徴収される制度。

ただし「株の譲渡損失と合算ができる」というのがメリットで、つまり配当金より株の譲渡損失の金額の方が多かったら、税金はかかりません。

したがって株で損を出している場合は、この課税方式を選ぶと良いです。

 

上場株式等の譲渡益にかかる税金

 

株式等の譲渡益は申告分離課税です。

申告分離課税ですので、譲渡益には20.315%の税率がかかります。

徴収方法ですが、まず最初に証券会社で口座を開設する際「一般口座」と「特定口座」を選びます。

「一般口座」であれば自分で年間損益を計算し、確定申告をして納税します。

「特定口座」の場合は、証券会社が年間の損益を計算してくれます。

特定口座では「源泉徴収あり・なし」を選びます。

・ありを選んだ場合確定申告は不要になり

・なしを選べば証券会社が作成した年間取引報告書を持って、確定申告をおこないます。

私は毎年、確定申告をしますので「特定口座の源泉徴収なし」をえらんでいますが、手間をかけたくない方は「特定口座の源泉徴収あり」をえらんでください。

 

損益通算の仕組み

 

株式投資をするなら「損益通算」の仕組みは、確実に理解しておくべきです。

さきほど申告分離課税のところで説明した、損失と利益を合算して税金を減らすことができる制度のことを「損益通算」といいます。

上場株式等の譲渡損失がある場合、確定申告をすることにより配当所得と損益通算ができます。

さらに損益通算してもまだ損失の方が多い場合は、翌年以降3年間にわたり、確定申告により株式等の譲渡所得および配当所得の金額から繰越控除することができます。

また、これは申告分離課税を選択したものに限るという点に注意してください。

株式投資をやっていれば損失を出すことはかならずあります。
私もいま損失をかかえていますが、譲渡益や配当金と損益通算して税金を減らしています。

株式投資では損切りも大事で、損失ともうまくつきあっていくのは必須のスキルになります。

損益通算などをうまく使いながら、上手に投資して資産を積み上げていきましょう。

こちらの「【初心者向け】NISAの始め方をやさしく解説」で非課税制度である「NISA」のメリット・デメリットも紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です