FPの私が、息子の学資保険の代わりにジュニアNISAを選択した理由

息子と自販機
Pocket

子どもが生まれると学資保険を検討する方が多いと思います。

私も考えましたが、結果的に「ジュニアNISA」を選びました。

その理由と、メリット・デメリットについて解説します。

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAは、日本に住む0歳から19歳(口座を開設する年の1月1日現在)の人が加入できる非課税口座です。

非課税の対象になるのは、株式・投資信託への投資から得られる配当金・分配金・譲渡益で、作れるのは1人1口座です。

非課税投資枠は、新規投資額で毎年80万円が上限で、未使用分があっても翌年以降には繰り越せません。

非課税期間は最長5年。

期間終了後でも、新たな非課税投資枠へ移管(ロールオーバー)することで保有を継続することができます。

投資可能期間は2016年~2023年ですが202312月以降、非課税期間(5年間)の満了を迎えても、20歳になるまでは引き続き非課税で保有できます

運用管理者は口座開設者本人(未成年者)の2親等以内の親族(両親、祖父母等)となっています。

私自身、NISA口座を保有し運用していますが、その子供版ということです。

私も加入しているNISAに関しては「【初心者向け】NISAの始め方をやさしく解説」にまとめています。

制度の内容はNISAとほとんど同じですが、次の表に示した点が違います。

   NISA  ジュニアNISA
対象年齢  20歳以上  0歳から19歳
年間の投資可能枠  120万円  80万円
払い出し制限  なし  18歳まで不可

以上をふまえて、メリット・デメリットを挙げていきます。

ジュニアNISAのメリット

【20歳まで非課税】

ジュニアNISAは2023年までの制度で非課税期間は最長5年間ですが、2023年以降でも非課税期間の終了した金融商品を20歳までロールオーバーすることができます。

つまり2023年までにジュニアNISAで買った株から、配当が出る場合子どもが20歳になるまで非課税で受け取り続けることができるということです。(払い出しは18歳までできない)

ですから私がジュニアNISAで買っている株は長期保有するつもりで、安定感があり配当金が多く出る会社の株を買っています。

【子供の投資教育】

資産形成をしていくには株式投資を中心とした資産運用は不可欠と考えていて、実際私は投資を積極的にしますし、もっと早くやっておけばとも思っています。

私は息子たちに早いうちから、投資教育をしていくつもりです。

実際の運用はしばらく私がしますが、子どもに自分名義の口座を持たせて、投資を通じてお金がどのように動くのかという教育するのにジュニアNISAは最適です。

【相続税対策】

ジュニアNISAは相続税対策にもなります。

相続に関するくわしい話はここでは省略しますが、ジュニアNISAを使って「生前贈与」をおこなうことで、相続税対策をおこなうことができます。

ジュニアNISAを使った相続税対策は、こちらのサイトが参考になりました。

ジュニアNISAのデメリット

【18歳まで非課税で払い出しできない】

払い出しに関して制限があり、3月31日時点で18歳である年の前年12月31日までの間は、非課税で払い出しできません。

わかりやすくいうと、子どもが高校3年の年末までは非課税で払い出しできないということです。

ただし、災害等やむを得ない場合には非課税での払い出しが可能です。

途中で払い出しを受けたい場合は、口座の解約手続きをしてジュニアNISAで受け取った過去の利益に対して、さかのぼって課税されることになります。

私が考えるジュニアNISAのデメリットはこの一点のみです。

しかしこのデメリットも、強制的に貯金ができると考えればメリットと考えることもできます。

もしお金に困れば、税金を払ったうえで払い出せばいいだけのことですので大きな問題ではありません。

そう考えれば、ほとんど利息のつかない学資保険に加入するよりジュニアNISAの方が得というのが私がジュニアNISAを選択した理由です。

ただし学資保険の場合

・月1万円など、コツコツ貯めることができる

・大きく増やすことはできないが、安定感がある

・万が一親が無くなっても、学資金は支払われる

というメリットもあります。

一気に資金をつぎ込んで、効果的に資産を増やすなら「ジュニアNISA

コツコツ安定的に行きたいなら「学資保険」

自分に合ったやり方で、子どもへの資金をつくりましょう。

私は、資産形成にはNISAよりさらに確定拠出年金が有利と考えます。

興味がある方は、こちらの「確定拠出年金(iDeCo)に加入。感じたメリット・デメリット」を参考にされてください。

節税効果は、確定拠出年金の方が上です。