自動車保険を安くする方法。補償内容を重複させず、無駄を省こう

交差点の車
Pocket

車を運転する人なら加入しているであろう、自動車保険。

自動車の事故では被害が大きくなることが多いため、リスクを軽減するためにも加入は必須です。

しかしその保険、どのような場合にどれくらいの補償がされるのか理解していますか?

内容の理解不足により、ムダな補償までつけてしまっていることがとても多いです。

自動車保険のくわしい内容、必要な補償を検討してみます。

 

自賠責保険の補償内容

 

自動車事故に対する保険としては、強制加入である「自賠責保険」と任意加入の「自動車保険」とがあります。

「自賠責保険」の補償の対象になるのは、他人を死亡させたりケガをさせた場合のみであり、自分の死亡やケガは補償されません。

自分に何かあったときのためにも、自動車保険には入らざるを得ません。

また自賠責保険の補償は最低限のものに限られています。

  補償される損害内容 補償される金額
死亡 ・葬儀費用
・慰謝料
・逸失利益
3000万円
後遺障害 ・慰謝料
・逸失利益
75万円〜4000万円
ケガ ・治療費
・慰謝料
・休業損害
120万円

※逸失利益というのは、そのことが起きなければ得たであろう利益のこと。

表をみてわかるように、死亡させても3,000万しか補償されません。

死亡事故の場合、賠償額は数億円かかることもありますから、やはり任意で自動車保険に加入して上乗せさせることが必要です。

 

自動車保険の種類と内容

 

保険の種類 保険の内容
対人賠償保険 事故により相手を死傷させてしまった場合の補償
対物賠償保険 事故により相手の物を交わした場合の補償
人身傷害補償保険 事故により死傷した場合の損害を過失割合にかかわらず補償
搭乗者傷害保険 搭乗中の人が事故により死傷した場合の補償
無保険車傷害保険 事故の相手が無保険など賠償能力がない場合の補償
自損事故保険 自損事故で搭乗者が死傷した場合の補償
車両保険 盗難・当て逃げ・自然災害などによる車両の損害に対する補償

 

特に重要な保険は、上から3つです。

対人・対物保険は相手に対する補償で、人身保険は自分に対する保険です。

対人保険は自賠責保険の支払額を超える部分が補償され、対人も対物も仮に酒酔いや無免許運転でも補償されます。

人身保険の特徴は、自分の過失分も補償されるという点です。

 

保険料を安く抑える

 

私は「SBI損保」で加入していて、自動車保険の補償金額を次のように設定しています。

保険の種類 補償金額
対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
人身傷害補償保険 3,000万円
搭乗者傷害保険 なし
無保険車傷害保険 2億円(1名につき)
自損事故保険 1,500万円(1名につき)
車両保険 なし

 

私には現時点でこの内容が最適です。

参考までに、どのように補償内容を決めているか説明していきます。

まず対人・対物ですが、もしもの場合の損害金額が大きいので無制限にしておきましょう。

つぎに人身傷害補償保険ですが、自分の死亡やケガに備えるものです。

死亡に関しては生命保険で備えることができますから、ケガに備えて3,000万円の補償があれば十分という考えでこのように設定しています。

人身傷害補償保険と搭乗者保険は、内容が重複していますので人身傷害補償保険のみにして、搭乗者傷害保険は外しています。

無保険車傷害保険と自損事故保険は、対人賠償保険に加入することで自動的に付帯される保険ですので、検討の対象外。

さいごに車両保険ですが、これをつけるかどうかで保険料は大きく変わります。

車両保険に入るメリットがあるのは、高級車や新車でローン残高が多額の方など、万が一のばあいの損害が大きな車です。

私の場合、軽自動車で年数も経っていますので必要なしと判断しました。

車両保険には入らないと不安という方は、補償内容を絞ることで安く抑える方法もあります。

ここまで紹介してきた補償内容ですが、あくまで私の状況に合わせて判断していますので、生命保険の加入状況やマイカーの時価額など、ご自身の状況に合わせて検討してください。

ほかにも年齢条件や、本人限定などの条件を設定すれば、さらに保険料を安くすることができますしゴールド免許割引やインターネット割引など、各保険会社で割引の対象になるものを使うといいでしょう。

自動車保険はダイレクト型で加入することで、確実に保険料を安くできます。

「固定費削減!自動車保険は「ダイレクト型」がおすすめ」という記事を参考にしてください。

 

自動車保険に限ったことではありませんが、保険というのは補償内容が重複しないように工夫することで、保険料を安く抑えることができます。

そのためにも自分が加入する保険の補償内容をしっかり理解して、重複させないようにしましょう。