不動産投資の魅力

Pocket

不動産投資を始めるために、勉強を始めた。

株ではなく、なぜ不動産を選んだのか、魅力をまとめる。

生涯にわたって自分を守る知識がつく

衣食住は人の人生から切り離せない。

誰でも住むところは必要だ。

不動産投資をするには、不動産の知識が深ければ深いほど、投資に成功する可能性は高くなる。

そうやってつけた知識は、投資に限らず、人生において必要な知識であり、強い武器になる。

だから不動産投資は、できるならやったほうが良いし、投資ができなくても、不動産の勉強はしたほうが良い。

不況にも強い

株などに投資している場合、リーマンショック級の不況が訪れた場合、持ち株が暴落してしまうリスクがある。

その点、不動産は瞬時に暴落したり、価値がゼロになることはない。

不況になったからといって、家賃が急に下がるようなことはないからだ。

不況になった時にも、安定してキャッシュフローをもたらしてくれる不動産は、持っていることで強い味方になるはずだ。

とにかく不動産の知識をつける

美味しい話ばかりではない。

投資だから当然リスクがある。

ただ不動産が他の投資と違うのは、「知識をしっかりつける」ことで、失敗を減らすことができる。

つまり自分の努力次第で結果が大きく変わるという点だ。

株などの投資は自分ではどうにもできないことが多い。

そこが大きな違いだ。

・不動産に関する情報収拾を徹底的におこなう

・不動産の法律などの知識の習得に全力を費やす

・不動産会社のカモにならない

・リスクヘッジをしておく

・成功話だけではなく、失敗談もたくさん見聞きしておく

・良いメンターを見つける

など、頭と体をフル活用し、成功を目指す。

しっかり勉強すれば、危険な投資ではない。