【FP試験対策】資金計画の6つの係数の覚え方

Pocket

資金計画を立てるとき、計算するのに便利な係数がある。

FPの試験ではよく出題される問題だ。

係数は全部で6つあるが、どのようなときにどの係数を使えば良いかという点が、わかりにくい。

いつ、どの係数を使えば良いか、覚え方を解説する。

6つの係数

1、現価係数

一定期間後に、一定金額に達するために必要な、元本を求める場合に用いる係数。

2、年金現価係数

将来の一定期間にわたって、一定金額を受け取るために必要な元本を計算するための係数。

3、終価係数

現在の金額を複利で運用した場合の、一定期間後の金額を求める場合の係数。

4、年金終価係数

毎年、一定金額を積み立てた場合の、一定期間後の元利合計を求める場合に用いる係数。

5、減債基金係数

一定期間後に、一定金額を用意するための毎年の積立額を計算するための係数。

6、資本回収係数

現在の一定額を、一定期間で取り崩した場合の、毎年の受け取り額。

求める金額係数の結び付け方

なんの金額を求めるのかを考え、係数の名前から意味を紐解いていくやり方が記憶に残りやすい。

まず6つの係数を、3つのグループに分けて考える。

1つ目は、現在の金額を求めるグループ。

現在価格を求める「現価」の文字が入る係数。

・現価係数

目標金額に到達するための、元本

・年金現価係数

将来、一定金額を受け取るための、元本。

どちらも元本が問われる時に使う係数であること。

そして、「一定金額を受け取るための」というフレーズと「年金」を結び付けて記憶しておけば、年金現価係数と思い出すことができる。

今度は、将来の金額を求めるグループ。

このグループには、「終価」という言葉が入る。

・終価係数

複利で運用した、一定期間後の金額。

・年金終価係数

毎年、積み立てた場合の一定期間後の元利合計。

どちらも「期間後」の金額を求める係数だ。

そして、先ほどと同様「積み立てた場合の」というフレーズと「年金」を結びつければ、年金終価係数ということがわかる。

最後は残りの2つ。

これは

減債基金係数=毎年の積立額と覚えよう。

年金係数で、「積み立てた場合の」と覚えたので、すこしまぎらわしいが、減債基金係数は毎年の積立額を求める係数と記憶して、区別しよう。

資本回収係数は、毎年の受け取り額だ。

「基金」=積み立て

「回収」=受け取り

と覚えておこう。

実際に出題された、過去問

FPの試験では、このように出題される。

年利2%で毎年20万円を5年間積み立てた場合の、5年後の金額はいくらか?

この問題を解くのに使う係数は、「年金終価係数」だ。

先ほど記憶したように

「積み立てた場合の」金額を問われているので=年金

「5年後の」金額を問われているので=終価

というように解いていけば良い。

実際に計算に使う係数の具体的な数字は、覚えなくても問題文に出ているので、どの係数を使えば良いかだけしっかり把握しておこう。