FP技能検定に独学で合格。短期間で合格するための勉強方法

勉強の様子
Pocket

ファイナンシャルプランナー(以下FP)として必要な知識のレベルを評価する試験として、FP技能検定があります。

「ファイナンシャルプランナーの資格。勉強してよかったこと」で勉強方法についてかんたんに触れましたが、今回は独学で勉強して短期間で合格した私の勉強方法についてお話しします。

私のように会社に勤めながら、また家事の合間で勉強してFP検定を受けるというような方は試してみてください。

FPに限らず、忙しいなか資格を取ろうと勉強している方にも参考にも使える勉強方法ですので、参考にどうぞ。

FP技能検定の概要

FP技能検定、国家資格となっており年3回(1月、5月、9月)実施されています。

技能検定の等級には1級、2級、3級があり、それぞれ学科試験と実技試験があります。

【試験実施機関】

試験を実施する機関は2つあります。

試験実施機関  実技科目
日本FP協会 資産設計業務
金融財政事情研究会  個人資産相談業務、 中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務 など

どちらから申し込んでも学科試験の内容や、受験料は変わりません。

違いは「実技試験の内容」と「受験会場」です。

受験会場に関しては若干、金融財政事情研究会の方が多いようですが、詳しく知りたい方は

・日本FP協会

・金融財政事情研究会

各ホームページからご確認ください。

・日本FP協会

・金融財政事情研究会

受験会場がどちらでもよければ、実技試験をどの科目で受けたいかで決めるのがいいです。

ちなみに私は、より実生活に活かせそうという理由で「個人資産相談業務」を受験するために、金融財政事情研究会のほうで申し込みました。

【受験料】

1級 学科  8,900円
実技  25,000円
2級 学科  4,200円
実技  4,500円
3級 学科  3,000円
実技  3,000円

【受験資格】

受験資格ですが、3級は誰でも受けることができます。

2級は

・3級技能検定の合格者

・FP業務に関し2年以上の実務経験を有するもの

・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了したもの

・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

となっており、私は3級技能検定のが合格者という条件で2級を受けました。

1級に関しては

・2級に合格者で、FP業務に関し1年以上の実務経験を有する者

・FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者

となっており、いずれにしてもFPの実務経験が必要になります。

なおお金と時間がある程度ある方で、手っ取り早く2級の資格が欲しいという方は専門学校に通って「AFP認定研修」を修了すれば2級から受けることができます。

私は独学で合格しましたので、その勉強方法を紹介します。

会社に勤め、育児と並行していましたので時間を有効に使う工夫をしましたので、忙しい方は参考にしていただければ。

私の独学での勉強方法

まず私の独学の勉強方法の前提として「スキマ時間を使える」「机に座らなくてもできる」という条件で考えました。

その方法として

・テキストを分解する

分解したテキスト

これが私が使ったテキストの、実際の写真です。

参考書は1つの章ごとに、問題集は1回分ごとに切り離しました。

こうすることで分厚いテキストを持ち運ばなくて済むし、1章ごと、1回分ごとに整理できてメリハリがつきます。

机に向かいたくない時でも、分解して軽くなったことでソファに寝そべってテキストを読んだりすることもできますし、実際私はよくやってました。

本を綺麗な状態で使いたい人には抵抗があるかもしれませんが、テキストを使う目的は合格するため、知識をつけるためですから、私はこういう使い方をしました。

本来の目的を達成するためにも、テキストは切って書き込んで汚しましょう。

ネットで同じようなことをやっているという記事があって、カッターで分解して製本テープでくっつけるというやり方が載っていましたが、私は手でむしりとりました。

背表紙にノリがついているので、意外と簡単に分解できます。

・スマホにFP受験対策のアプリをインストール

FP問題集アプリ

これもかなり有効でした。

スマホはいつも持ち歩いているので、ちょっとしたスキマ時間に問題を解くことができました。

いつもはネットを見たりゲームしたりする時間を、試験前だけでも少し我慢してアプリで問題を解く時間にあてればスキマ時間を有効に使えます。

・DVDの購入

私はテキストを選ぶときに、テキストの内容を映像で解説したDVDが付属しているものを買いました。(DVDなしもあります)

このDVDを車の中でつねに流していました。

通勤の時、買い物に行く時などに運転しながらですから、見るというより聞き流す感じですが効果はあったように感じています。

 

資格取得のための効率的な考え方

 

私は今まで公務員を受験したり、簿記や仕事のスキルアップに繋がる資格をいくつかとってきました。

常に会社での仕事と並行していたので、効率を重視してきました。

そんな私が大事だと感じている点は

【過去問をひたすら解く】

資格試験に共通するスキルです。
短期間で合格するなら、ひたすら過去問を解いてつまづいたらテキストで復習。
これに尽きます。

【短期間で集中する】

私はただFPの資格が欲しかったというわけではなく、生活にまつわるお金のことを体系的に学びたいという思いで勉強していたので、短期間や効率というと矛盾しているようですが、どちらにしろ集中して勉強に取り組むには、期間を区切った方が効率がいいと感じます。

【わずかな時間でも有効に使う】

先ほども書きましたが、日常のわずかなスキマ時間も有効に使おうという気構えが必要です。
小さなことをコツコツとは何にでも共通する最強の武器です。
勉強も習慣にしてしまいましょう。

【動機をはっきりさせる】

なぜ勉強しているのか、なんのための努力なのか。その動機をはっきりとさせ、意識しましょう。

その努力の先になにがあるのか、楽しみにしながら目標を達成しましょう。