ドルツジェットウォッシャーの使用感、コスパを考えてみた

ドルツジェットウォッシャー
Pocket

歯医者嫌いの私が、どうにかして行かなくてよくなる方法はないかと試して、良かったのが

「ドルツジェットウォッシャー」です。

私は歯並びが悪くて磨きにくい場所があり、歯医者さんからもよく指摘されていましたし磨き残しが多い自覚も多少ありましたがジェットウォッシャーを使いだしてから、劇的に改善されました。

ひとによって差があるとおもいますが、私の場合だいたい2〜3日に一回ぐらいの頻度で使用していて、これくらいでもしっかり効果があります。

残念ながらこれがあれば歯医者いらないとまではいいませんが、使いだしてから歯がツルツルして、口腔環境もかなり良いように感じています。

 

この記事では、私が2017年1月に購入した当時最新機種で最上位モデルだった(EW-DJ61)について書いています。

 

ドルツジェットウォッシャーってどんなの?

 

ドルツジェットウォッシャーというのは、Panasonicから発売された口腔洗浄器です。

使い方はカンタン。

コンセントにつなぎ、付属のタンクに水を入れスイッチオン。
スイッチを入れるとすぐにノズルからジェットな水が出てきますので、口の中に入れてからスイッチをいれましょう。

水流の強さは5段階で調節できますが、私は常にMAXの5で使用しています。

洗浄中は口を薄く開けて水を出しながら、ノズルをまんべんなく全体にあてていきます。

ジェット水流とバブル水流の2つのモードがあり、切り替えて使えます。

ジェット水流モードは強力な水流で歯の表面や、歯と歯の間の食べカスを取り除くのに適しています。

バブル水流モードは微細な気泡と水流で優しく洗浄しますので、歯周ポケットの洗浄や歯茎のマッサージに良いです。

わたしは歯も歯茎もいつもジェットでガンガン洗浄しています。

タンクに満タンの水を入れると、だいたい2分程度使用できます。

これを使えば歯磨きをしなくていいというわけではありません。

併用がベストです。

ジェットウォッシャーを歯磨きの前に使用するのか、後に使用するのか意見が分かれるところではあります。

私は両方ためしてみましたが、どちらでもいいと思います。

 

使ってみた感想

 

買う前にたくさんのレビューを見て、だいぶ下調べをしたので感想としては

「評判通りの良い商品だな」という感じです。

・良かった点

私は歯磨きに結構時間をかけるほうですが、歯磨きのあとジェットウォッシャーを使用するとだいたい食べかすが少しでてきます。

ジェットウォッシャーを使わなかったら、これが口の中に残ったまま寝てるのかと思うとゾッとしますね。

また普段コーヒーをよく飲むからか、歯の表面に着色汚れがつきやすかったのですが、ジェットウォッシャーを使いだしてからあまりつかなくなりました。

さらに洗浄したあとは、歯がツルツルになり翌日朝の口のネバネバ感も感じなくなりました。

歯磨きが雑になったり、1、2週間あいてから使用したりすると歯茎から出血することがありますが、これは歯周病になりかけているサインだそうです。

歯石がたまってくると歯茎がよわっていき、口臭や歯周病になります。

やはりしっかりした歯磨きと、歯茎マッサージは必須ですね。

・問題点

音の大きさが少しきになるかもしれません。

レビューでよく目にしていたので、覚悟していましたが私としてはそこまで気にはなりません。

ただし家の広さにもよりますが洗面所の場所、使用する時間は気をつけた方がいいでしょう。

ウチでは子供たちが寝静まったあとはあまり使わないようにしています。

また冬は水が冷たくてしみるという意見もありますが、給湯でお湯を出すなりお湯を足して調整すれば問題ありません。

あと私はマウスウォッシュの液を少し混ぜて使用しています。

スーッとして気持ちいいですので、オススメです。

 

コストパフォーマンスから考える

 

以前私が歯石とりなどの予防歯科で歯医者に通院する頻度は、歯のザラザラが取れなくなってきたとか、着色が目立つようになってきたというタイミングでだいたい3〜6ヶ月くらい。

歯医者からも6ヶ月くらい経つとお知らせのハガキが送られてきますし、歯科医が推奨するサイクルも3〜6ヶ月に一度くらいと言われています。

一回の予防歯科でかかる費用はだいたい3〜5千円程度。

つまり年間1万円前後はかかるということ。

私がジェットウォッシャーを買ったのは2017年1月で、8100円でした。
我が家では夫婦で、もう一年半以上使っていますが、何の問題もなく使えています。

この出費を安いと見るか、高いと見るか。
私はとてもいい買い物をしたと思っています。

ちなみに先端のノズルは2本付属されていますし、300円ほどで別売りもされていますので一台あれば家族で使えます。

一家に一台、健康への投資と思えば安い買い物ですね!

 

2018年7月現在の最新機種では、モデルチェンジしてさらに進化しました。
「Panasonicホームページ」