2019年、独立に向けてやること

Pocket

わたしは来年2020年に、現職をやめて独立することを目標にしている。

2020年に独立するならば、当然今年2019年は準備期間となり今年中に整えなければならない。

そこで年初の今、今年やるべきことをリストアップしておく。

独立後はどうやって生計を立てるか

 

独立後は、ファイナンシャルプランナーとしてお金に関わる知識を使って人の役に立つことで、収入を得ていきたいと思っている。

その準備として、まず現在部分合格となっているファイナンシャルプランナー2級の資格を取ること。

(1月の試験、申込済み)

合格後はまたやるべきことがあるので、また記事にする。

まずは全力で2級合格にむけて準備する。

 

お金の知識を磨く

 

独立後は資格はおまけのようなもので、実際のスキルが重要になる。

そのためにも、つねにお金に関する知識を磨くことを心がけ、アンテナを張っておかなければならない。

 

独立に関する戦略については、別の機会にまとめることにする。

 

生活費を圧縮する

 

独立するときの最大の心配は 「収入が途絶え、生活できなくなる」ことだと思う。

少なくとも、わたしがそうだ。

だから今のうちから少ない収入でも、生活できるようにしておくべき。

最低限家族を養うために、できるだけ生活費を圧縮しておこう。

生きていく上で必要な生活費として主なものは

・住居費

・食費

・水道光熱費

・通信費

といったところ。

現時点で努力の結果、

・通信費は格安SIM(わたしは楽天モバイルで月額980円)

・食費に関しては株主優待

でかなり抑えることに成功している。

今後さらに株主優待のクロス取引やポイ活を活用して、さらに生活費を減らしていきたい。