ブログを続ける!継続するために必要なこと。

パソコン
Pocket

私はブログを毎日更新することを目標にしています。

じつは昨年ブログを立ち上げて、毎日更新するつもりだったのですが、3ヶ月ほどでやめてしまいました。

しかしブログの必要性を感じ、再度頑張ることにしました。

何のためにというのは、また別の機会に書きますが今日はブログを毎日書き続けるために必要なことは何かということを考えてみます。

ブログを書く時間を確保する

 

仕事や子育てと忙しい毎日のなか、ブログを書く時間を確保するのはなかなか大変です。

限られた時間の中でどうやって時間を作るか。

解決法は「何かを捨てる」事です。

1日の生活を振り返りブログを書くことの優先順位を上げる。

そしてブログ更新よりも重要でないと思ったことをやめることでしか、新たな時間はつくれません。

私の場合は、会社に行って働くこと、子どもたちと接する時間の次にブログがきます。

その他の時間で大半の時間を占めていたのは、スマホでツイッターやサイトなどをボーッとみている時間が多い事に気付きました。

スマホをいじっている時間をブログを書く時間にあてるだけで、毎日更新することはそんなにむずかしくなくなりました。

ブログ優先の生活をしていると、いかに自分がダラダラと無駄な時間を使っていたかに気づきました。

いまはスマホをいじっていた時間をそのままブログ執筆にあてるため、スマホにwordpressのアプリをインストールして書いています。

PC 、スマホを使い分けながらスキマ時間を活用することで執筆の時間を確保できます。

ただ良質なインプットで自分の頭を活性化することが、ブログの質を上げる要素にもなりますので情報の取捨選択の能力も同時に高めていく必要はあります。

 

ブログを書く時間を短縮する

 

時間の確保と同時に大事なのは、書く時間を短縮すること。

ツールを活用することで書く時間を短縮できます。

ツールとしては先述したように、スマホアプリもそうですがPC(MacBook Pro)にはMarsEditというエディタをいれています。

他には記事の骨組みを決めています。

具体的にはタイトルのあと、冒頭文を書き見出しを3つ、それぞれに300字を目安に書いていき、最後にまとめます。

これを決めておくことで、記事が書きやすくなり早く書けます。

ただこれも試行錯誤の最中で、先に本文を書いてあとでタイトルを決めたり、とりあえず冒頭文をかいて見出しを考えたりとどうすれば記事が書きやすいかいろいろとやってみているところです。

またタイピングを早くするのは、当然ですがこれは書き続けることで早くなっていくはずなので、あまり気にしていません。

あとは考え過ぎてしまうと、手が止まってしまうことがあるので気楽に書くことも大事ですね。

下手でもいい。下手な記事も自分の歴史になります。長くブログを書き続けて初期の自分の記事を見て「こんなに下手だったのか」と振り返ることができるのを、いつかの楽しみにしています。

 

ブログのネタ探しの習慣を身につける

 

いいネタが思いつけば、執筆のスピードは確実に上がります。

書きたいことがどんどん湧いてくる感じ。

だからネタ探しは毎日更新の大事な要素です。

普段生活する中でブログのネタにならないか常にアンテナを張っておくことで、見逃しているネタに気づくこともあります。

ネタになるかもという視点で見る習慣を身につけることで、「ブログ脳」が鍛えられるのだと思います。

私はブログに必ず1枚以上は、自分で撮影した写真を挿入しているため写真をよく撮るようになりました。

ネタになるかどうか分からなくても、写真をたくさん撮っておいてあとで見返すことでなにか浮かぶこともあるかもしれません。

最近はこの「とりあえず写真を撮っておく」というのが習慣になりつつあります。

ですからいつも見る風景も、ブログのネタ探しに必死になりだしてからは違って見えたりしていますし、でかけたときも意識してまわりを見渡すようになったことで生活にハリが出てきたように感じています。

また綺麗な写真を撮れるようになりたいと、カメラのことを調べたり撮影の構図を考えたりするようにもなりました。

ブログを毎日更新することで、いろんなことに意欲的になります。

常々ネタになるかどうか、考える習慣が大事です。

まとめ

この3点をしっかり意識して、まずは10記事、そして50記事、100記事と積み重ねていけばさらにいい方法が身についていくはずですし、そうでなければモチベーションも維持できません。

私も上記3点をしっかり意識しつつ、早い時間で仕上げて更新してしまい、あとは余裕をもって夜を過ごせるようにします。

ブログ習慣を無理なく生活に組み込んで、楽しみながら続けていきましょう!