習慣を継続する方法「なりたい自分」と「何のために」を明確に

Pocket

習慣を長続きさせるためには、色々なテクニックがあるが、まず最初にするべきことは「なぜそれを習慣にしなくてはいけないのか」をハッキリさせることだ。

なりたい自分を明確にすれば、挫折しない

習慣化で挫折しないためには、その習慣を続けてどうなりたいのか、達成したときの自分を明確にイメージすることが大事。

人間の脳にとって、イメージの力というのは絶大だ。

大事なのは、できるだけ具体的にイメージすること。

・達成したとき住んでいるところ

・どんなことをしているか

・誰といるのか

・どんな気持ちか

と、徹底的に細かくイメージすること。

達成できるかどうかは関係ない。

達成できたことを前提にイメージを膨らませる。

そしてその妄想に制限はかけない。

心のブレーキを解放し、理想の自分を勝手に想像すればいいのだ。

その上で、その理想を実現すべく小さな習慣を毎日積み重ねればいい。

そうすれば実現できる。

何のためにやっているのかをハッキリさせる

なりたい自分を明確にしたら、つぎはそれを実現するための手段を考える。

そしてその手段を習慣化する。

そうすれば「何のために」その習慣をやっているのか迷うことはなくなる。

例えば自分の場合、続かなかった習慣に「ブログ毎日更新」というのがある。

これがなぜ続かなかったか、まさに「なりたい自分」と「何のために」かがハッキリしてなかったからだ。

その時の自分の気持ちは

・ブログで小遣いを稼ぎたい

・コンサルで勧められたから毎日更新

・頑張れば独立できるかも

などと、極めてあいまいなゴールに向けて進んでいた。

だから挫折したと思う。

今はなぜブログが、しかも毎日更新が必要なのか、自分でしっかり自覚できている。

なりたい自分に向けて、何のためにやるのかが明確にイメージできているからだ。

それが明確にできていれば、何でこんなことやってるんだろうと、迷って投げ出す可能性は極めて低くなる。

「〜しなければならない」と考えない

挫折の元になるのは、この「〜しなければならない」というルール。

これがストレスになり、本能的に避けてしまうようになる。

習慣が続くかどうかは、結局「好き」か「嫌い」かで決まる。

シンプルに考えればいいのだ。

やりたいかやりたくないかを、頭で考えるのではなく、自分の心に聞いてみる。

自分の感情に素直になって、やりたいと思ったことだけ続ければ、自然と習慣化できるようになる。

ただし、ここで大事なのは「なりたい自分」を意識して「何のため」にやっているのかをあらためて考えること。

つまりここでも、目的を意識して取り組む。

そう考えれば、自然と「〜しなければならない」とはならず「〜を達成したいから、これをやりたい」となるはずだ。

「なんでこんなことしないといけないんだろう」と思ったら、本来の目的を思い出す。

キーワードは「なりたい自分」と「何のために」だ。