貸し会議室に向いているのはワンルームか1Kか

Pocket

貸し会議室に初めて挑戦する場合、初期費用はできるだけ抑えたい。

だから、まずは安い部屋を借りてはじめてみるということになる。

その場合、借りる部屋はワンルームや1Kからが良いだろう。

そこで、貸し会議室にするのに、ワンルームと1Kのどちらがいいのか考えてみる。

ワンルームと1Kの違い

まずは、この2つのどこがどのように違うのか。

ワンルームは玄関から入ってすべてが、1つの部屋のような感じ。

1Kというのは、玄関から奥の部屋に行くまでに、ドアなどの仕切りがある部屋のこと。

キッチンや洗面、トイレなどと、部屋がドアにより仕切られているか、いないかの違いということになる。

それぞれのメリット

ワンルームのメリット

・すべてが一つの部屋のような作りなので、広く感じる。

・同じ条件なら、ワンルームの方が家賃が安い。

1Kのメリット

・部屋が仕切られているので、キッチンや玄関などからの匂いが部屋に入りにくい。

・仕切りがあるので、エアコンの効率が良い。

貸し会議室に向いているのはどっちか

どちらもメリットの反面、デメリットがあり、立地や陽当たりなど条件も様々ある。

住居用であれば、やはり1Kが良いとは思うが、貸し会議室に関しては、ワンルームが良いと思う。

ほぼ同じ条件なら、家賃が安いという点が大きい。

貸し会議室で利益を上げるなら、家賃はどうにかして抑えたいところ。

家賃を重視するなら、ワンルームだ。

ほぼ同じ条件で、家賃が安いならということ。

ただ、まずは立地を重視して、人が集まりやすい場所に部屋を借りるのが第一条件になる。

迷ったら、ワンルームというぐらいのことで参考にしてほしい。