賃貸物件を借りる時の初期費用を安くする方法。火災保険は自分で選ぶ。

Pocket

今の賃貸マンションから別の賃貸マンションへ住み替えることになった。

住み替えの際には、物件にもよるが敷金礼金、仲介手数料などかなりの額になることが多い。

その中に「火災保険」が入っていることがあるが、これは少し安くできる可能性が高い。

実際わたしは一万円程、費用を抑えることができた。

初期費用を抑えるためにも知っておきたい、火災保険についてまとめる。

賃貸契約にかかる初期費用

物件によって違うが、賃貸物件を契約する時に必要になる費用としては、だいたい

敷金

礼金

仲介手数料

鍵交換料

消毒代

火災保険料

保証料

などがあり、基本的に人気物件ほど高くなることが多い。

敷金は家の中を故意に壊したり、汚したりしなければ基本的には返ってくる。

礼金は大家への謝礼で、仲介手数料は不動産屋へ払うもの。

これは返ってこない。

鍵交換料や保証料などは、額としては少ないがこれもあまり下がることはない。

経験上、交渉の余地があるのは「火災保険料」だ。

火災保険料とは

火災保険は文字通り、万一の火災に備える保険である。

保障は「家財」や「建物」に対するもので、賃貸物件を借りるとき、ほとんどの場合強制加入となっている。

建物の保障に関して、大家が保険に入っていることが多いが、借り主も入っておいた方がいい。

隣家に対する保障や、家財が燃えた時に困るからだ。

また借り主は退去する際に現状回復する必要があるので、その費用も考えて、火災保険に入っておいた方がいい。

火災保険は自分で加入した方が安い

この火災保険、何も言わなければ不動産会社が選んだ保険会社の保険が提案され、初期費用の見積もりに自動的に入っていることが多い。

そしてこれはだいたい高い。

でも自分で保険会社を選び、必要な保障内容を決めれば安く済む。

ここで

「火災保険は自分で加入します」

といえば応じてくれることが多いので、言ってみよう。

今回わたしは、自分で決めた保険を選ぶことにより1万円近く初期費用を抑えることができた。

不動産会社から火災保険の契約に関して、必ずつけて欲しいと言われた条件は

  • 借家人賠償責任保険
  • 個人賠償責任保険
  • の2つの保障をつけるというのが条件だった。
  • この保険証券をコピーして後日提出することで、保険料を安く抑えることができる。