行政書士の魅力

Pocket

行政書士の主な仕事は、官公署に提出する書類や、認可のための書類を作成することが主な仕事になる。

法律家ではあるが、弁護士のように法廷には立てない。

ただ法律の知識を活かして、人の役に立つことができる。

自分や家族の身を守ることができる

行政書士の資格を取る一番のメリットは、生活にまつわる法律に詳しくなれることだと思う。

日常生活を送るうえでも、法律を知らないことで、騙されたり、不当に搾取されたりする危険は常に潜んでいる。

法治国家では、法律の知識があることが最強だ。

さまざまな場面で、法律の知識で身を守ることができるし、家族を助けることができる。

また自分で必要な書類を揃えたり、難しい手続きもスムーズにこなせる。

人の役に立つことが仕事になる

行政書士として仕事をすると、自分や家族はもちろん、人のことを守ることもできる。

身近な生活のトラブルから、相続や不動産、独立開業など、法律の知識を活かせば、たくさんの人の悩みに応えることができる。

問題解決の手助けができる。

仕事で人の役に立つことができるというのは素晴らしいことだ。

行政書士という仕事はそれを実現することができる。

独立開業にも向いている

行政書士は独立して仕事をしていくのに向いている。

独立するための資金も特に必要ないので、リスクを負う必要がない。

知識と経験を積んでいけば、独立開業してやっていきやすい仕事であり、組織に属さない働き方ができる。

ただ弁護士や公認会計士などと比べて、行政書士の資格を持つ人は多いし、簡単には食っていけない。

行政書士として、他と差別化を図っていかないといけない。

行政書士の仕事範囲は多岐にわたるので、自分の得意な分野を作り、強みにしていくことで、選ばれる行政書士になる。

まずは自分の強みを作る。

あの分野に関することなら、あの行政書士がいいと言われるようになろう。

そのために最初はさまざまな案件に挑戦しながら、どの分野で勝負していくか考えるのも良いし、初めから自分の興味のある分野に絞って勝負するのも良い。

行政書士として食っていくなら、戦略が必要ということだ。