子供が破ってしまった壁紙。退去時の精算で敷金はどうなる?

Pocket

我が家が引っ越しするにあたって、退去時の精算が気になった。

うちは子供が小さくて、壁紙の一部を破ってしまっている。

こういう場合、どの程度の費用が発生するのか、調べてみた。

結論は壁一面の張り替え費用が必要と思われる。

参考にしたのは「敷金返還.com」というサイト。

基本的に国土交通省が発行している「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を読み込めば、答えは出る。

必ず補修費用が必要になるのは

前提条件として、借り主負担で補修費用が必要になるのは「故意・過失により補修が必要なもの」に限られる。

例えば今回のウチのような破った壁紙がそう。

他には「タバコのヤニ」

これに関しては全面のクロス取り替え費用を請求されても文句は言えない。

あとはクロスについたカビやシミ、ボード張り替えが必要になるほどの、くぎやネジの穴などが借り主が負担すべき補修になる。

借り主が負担しなくてもいいケース

普通に生活していて発生するような補修箇所は、貸主の負担によってまかなわれる。

例えば

・日照によるクロス焼け、冷蔵庫やテレビの裏のクロスが黒くなったもの

・押しピンの後

・大きな家具を置いていた後のへこみ

などの補修費用は、借り主が払う必要はない。

まずは契約書を読む

ガイドラインを参考にすると上記のようになる。

たどしガイドライン→細かい取り決めがないときの目安であり、参考資料である。

賃貸借契約書に特記してある事項は、そちらが優先されるので注意。

契約書をしっかり読み、払う必要のない補修費用はきっぱりと断り、余計なお金を払わないようにしたい。

迷ったらガイドラインを読むか、地方自治体が発行する「賃貸住宅 トラブル防止ガイドライン」などを参考にしても良い。

過大に請求された場合、弁護士などに相談するか自分で「少額訴訟」を起こしても良い。