好きなことを仕事にするための3つの要素

Pocket

好きなことを仕事にするには、3つの要素を掛け合わせて考える必要がある。

必要なのは次の3つの要素だ。

好きなこと

好きなことというのは、情熱を持って取り組めることや、興味があること。

これに関しては自由に、できるだけ自分の心を解放して考えよう。

好きなことが出てこないという人は「嫌いなこと、やりたくないこと」をたくさん書き出せば、好きなことが浮かび上がることもある。

好きなこと、やりたいことの中には、実は「やりたくないことも含まれてくる」

得意なこと

好きなことがわかれば、それで楽しく生きていけるかというとそうではない。

たとえば、ブログが好きで「ブログコンサル」をやろうと考えても、実は人前に立ったり人と話すのがあまり好きではないという場合もある。

このような場合、ITが得意なら「オンラインセミナー」や「ブログ教材」を作って販売という方法もある。

ここでいう「IT」が「得意なこと」となり、ブログとITを掛け合わせることで好きなことを仕事にできる。

得意なことというのは、人それぞれ持っている才能だ。

好きなことを仕事にしたかったら、好きなことを得意なやり方でやることが大事になる。

自分の得意なこと、つまり才能を知りたいときには「ストレングスファインダー」がとても有効だ。

たくさんの質問に直感的に答えると、34の資質から、自分の資質が上から順に並んだ結果がわかる。

ちなみに自分は

  1. 慎重さ
  2. 内省
  3. 分析思考
  4. 競争性
  5. 自我
  • となっており、納得の結果だった。
  • 自分が大事にしている生き方

    3つの要素、最後は「自分が大事にしている生き方」で生きていくこと。

    好きなことを、得意なやり方で仕事にできたら、あとは生き方まで考えるべきだ。

    たとえば自分なら「何よりも家族の幸せ」を最優先にするという軸がある。

    好きなことを仕事にできても、それで忙しくなり過ぎて時間が取れなくなってしまうなら、それは良くない。

    家族を大事にするという生き方を選んだはずなのに、本来の目的から離れてしまっている。

    ここも兼ねた生き方を考えたい。

    この3つの要素を兼ね備えた状態を常に意識しよう。