ブログをスラスラ書くコツ

Pocket

ブログを毎日更新するためには、書くことのハードルを下げたい。

どうすれば楽に書けるか、意識していることをまとめる。

セミナーを開催したつもりで語る

まるで自分がセミナー講師になったかのように意識することで、言葉が出てきやすくなる。

自分の考えに共感してくれた人たちが、セミナーを聞きにきてくれている状況を想定して、語りかけるように書く。

そうすると意外と言葉がスラスラ出てくることに気がついた。

今までにセミナーを受けに行ったり、動画を見たりということがあれば、その時のことを思い浮かべながら書くと良い。

将来的にセミナーを開いてみたいと考えているなら、ブログを書くこと自体がいいトレーニングになる。

さらにその過程で、ブログを読んでくれる人たちが増えてくれば、いざセミナーを開きたいと思った時、その人たちが受けたいと言ってくれるかもしれない。

・セミナーの予行演習になる

・将来の受講生への宣伝になる

これを意識して、ぜひ仮想セミナーをブログ上で開催しよう。

スラスラ書けるし、一石二鳥だ。

心からの言葉で語る

自分が経験したこと、学んだこと、感じたことを素直に書くことを意識すると書きやすい。

先日、自分が徹底的に調べたことをテーマに記事を書いた。

その時は、次々と言葉が出てきてあっという間に記事が書けたし、楽しかった。

やはり自分が身をもって学んだことというのは、心からの言葉が出てくるし、他にはない自分だけのオリジナルな記事が出来上がる

これはブログがスラスラ書けるという効果と同時に、読み手が求める記事にもなりやすい。

何かについて解説した記事というのは、似たような記事がたくさんある。

これと同じように書いても面白いブログにはならないし、自分で書く必要がない。

どうせ書くなら、下手でも自分の言葉で書いた記事の方が面白くなる。

自分にとって興味があることや考えたことを、自分の言葉でどんどん発信していこう

上手い下手は関係なし。

カッコつけて書こうとしない

はじめは自分だけのためでいいので、毎日コツコツ書き続けよう。

そうして積み重ねた記事は、自分のためになり、いつか人の役に立つ。

はじめは自分の文章の下手さ加減にウンザリするかもしれない。私がそうだ。

でも書き続ければいつかは上手くなり、わかりやすい文章が書けるようになる。

最初からできる人なんていない。

だからあせらず最初は自分のためのメモのつもりで書こう。

カッコつける必要はない。

どうせ誰もみていない。

そう思えば気が楽になる。

何より大事なのは、毎日コツコツ書き続けることだ。

とにかく継続しよう。