お金や時間が足りないという悩みは、記録をとれば解決する

Pocket

・給料日前はいつもお金がない

・お金を何に使ったか、よくわかってない

・予定していた用事が、時間通りにこなせない

・いつも忙しく感じる

など、お金や時間に関する悩みを持つ人は多い。

そんな人は、まず「記録をとること」をオススメする。

家計簿で記録をとる

お金に関しては、家計簿をつける。

家計簿といっても簡単なものでいい。

要は、いくら入ってきて、いくら出て行ったかを記録して眺めるだけで良い。

それだけで家計は改善する。

特に今までお金の出入りを意識していなかった人には効果が大きい。

自分が考えているよりも、ずっと偏った使い方をしていて、削れる支出がたくさんあることに気づくはずだ。

そして、まず取り組むべきは「固定費」の削減だ。

固定費を削減できると、家計に与える効果は大きい。

家計簿をつける上でポイントになるのは、簡単につけることができるように工夫すること。

レシートをたくさん貯めて、週に一度まとめて家計簿に記入したり、パソコンに打ち込むといった作業は、面倒で続かない。

特に今までやってこなかった人はそうだ。

簡単につけることができる1つの例として、スマホを使うこと。

今はマネーフォワードなど、家計簿アプリがたくさん出ている。

しかも無料で使える物が多い。

スマホであればスキマ時間で、すぐに記入できるから簡単だ。

なるべく溜め込まないように、こまめにつけよう。

またなるべくカード払いにした方が、後から記録をさかのぼれるので管理しやすい。

ポイントもつく、現金を持ち運ばないでいいなど、色々なメリットもある。

ライフログをつける

時間が足りないと感じるなら、ライフログをつければ良い。

時間もお金と一緒で、目に見えるように記録すると、自分が思っているよりも無駄遣いが多いことに気づく。

やるべきことがあるのに、ついつい後回しにして他のことに手を伸ばして、時間を浪費していることはとても多い。

例えばツイッターなどのSNSや、ネットサーフィンなど。

自分ではそれほど時間を使っていないつもりでも、記録すると驚く。

自分の時間感覚なんて、あてにならないなと気づかされる。

ライフログをとる場合も、スマホが便利だ。

自分は「life cycle」というアプリで移動時間や場所を記録し、こまめに写真を撮っておくことを心がけている。

写真は後で見ても、時間と場所が記録されているし何を思ったかという思考の面も思い出しやすい。

またiPhoneには「スクリーンタイム」という機能があって、どのアプリにどのくらい時間を使ったかという記録を自動的に残してくれる。

これも時間管理にとても使える便利な機能だ。

まずは何でも記録をとりまくる

最初のうちは、記録をとり忘れる事も多い。

しかし気にせず、時間やお金の記録をとりまくる。

そのうちどんな記録が便利なのか、どういう記録のとり方が良いのか、だんだんわかってくる。

正解は無いんだから、自分のためになる記録を、やりやすいやり方でとればいい。

ポイントは

・自分の記憶はあてにならない

・簡単なやり方じゃないと続かない

・スマホが便利

・たくさんアプリが出ている

・記録を見返すのは、単純に楽しい

ということを覚えておく。

記録は生活全体に良い影響を及ぼす。

【ブログ執筆時間:29分】