【習慣が10割】何度も挫折してきたわたしに勇気をくれた本

Pocket

人生を変えるのは一発逆転の出来事ではなく、日常のささいな習慣の積み重ね

毎日の積み重ねが大事なことはわかっている。

そう思って今日から毎日続けるぞ意気込んではじめたものはたくさんある

ブログ、早起き、筋トレ、ストレッチ、資格の勉強など

しかし今日まで欠かさず継続できたものは、ない。

もしあのまま継続できていたら、人生変わっていたかもという気持ちはある。

習慣を定着させたい!継続したい!

わたしのこの想いに、もう一度火をつけてくれた本。

では今回こそ継続させるために、学んだことを忘れないようにメモしておく。

ハードルを下げる

習慣化したいなら、 とにかくハードルを下げること がポイント

まずは継続できたという、成功体験をつかむ。

そうすれば習慣は定着していく。

そのために習慣として設定することは「絶対にできることにしておく

これを受けてわたしが立てた目標は

  • ブログは最低1
  • 日記時系列だけでもOK
  • 読書はスキマ時間で一回だけでも開く

ブログは毎日更新の目標を立てて、2回失敗している。

この原因も、本を読んで確信した。

気の利いた記事を無理して書こうとしたからだ。

その対策も書いてあって

読み手がいるからといって気負わないことが、長続きさせるためのポイント

質の良い記事を書こうと気負わず、1行でもいいので書き続けよ

これでだいぶ気が楽になった。

とりあえず自分のための日記のつもりで書いていく。

ネタに困ったら、自分の体験や興味のある事柄について、つらつらと書いていくことにした。

「書くことが思いつかない」という人に私がいつも勧めているのは、自分の人となりを書くことです。 自分は何が好きで、どんな家族と暮らしていて、どのような毎日を送っているのかを、カッコつけずに素直に書いてください

自分のことなら、何かしら書くことが見つかります。最近のことで書くことが見つからないなら、過去にさかのぼって子ども時代や学生時代のことを書いてもいいでしょ

たしかにこれなら書けそうだ!

モチベーションがぐっと上がった。

カッコつけなくていいんだ

何のために、誰のためにをハッキリと

何かを習慣化したいなら、「何のためにそれをやるのか」を考えてください

目標・ゴールをしっかり決めなければどこに向かっているのかわからなくなる

そのためにも、何のためにそれを習慣にしたいのかをしっかりイメージしておく。

そうすれば大きな原動力となり、挫折しなくなる。

当たり前のようで、忘れがちなことを思い出させてくれた。

「自分のため」の夢は限界を早くするが、「誰かのため」の夢は限界を超える力になる。

これは少し意外だった

でも自分に当てはめれば、納得がいった。

わたしの気持ちを振り返れば、何をするときも「自分のためより家族のため」の時の方が力が湧く。

ブログをなぜ習慣にしたいかと突き詰めれば、独立・起業するためであり、なぜ独立したいかといえば、家族との時間を多く取りたい子供にとって良い手本となる働き方を見せたい」という思いからだ。

そう考えれば、ブログも続けることができる。

わたしが独立したいのは、組織で働くのが嫌だからだ。

上司や先輩に、偉そうに指図されたくない。

でもそれならば、自分で自分を管理しなければいけない。絶対に。

そうでなければ、1日ダラダラして、仕事も進まないだろう。

そのためにも、習慣を継続することが自己管理の第一歩になる。

今日、今から。胸に刻んで忘れてはならない。

習慣とは、自分との約束を決めて、それを守ること

人に指図されたくないなら、自分との約束は守ろう。

この本を読んでやれると確信した。