「好きなことが見つからない」と悩むなら、とりあえずブログを書く

Pocket

「好きなことを仕事にしたい」「自分の強みを活かしたい」そう考えている人は多いはず。

わたしもその一人だ。

でも考えているうちに時間ばかりが過ぎていく。

これはとてももったいない。

自己理解、自分さがしをしながらも、並行してブログに力を入れていくことにした。

好きなことが見つからない、わからない

好きなことを見つけるには、自分と向き合うことが大切。

たくさんの本を読んだりセミナーを受けたりしたが、共通して出てくるのは

・好きなことを見つけるヒントは自分の中にしかない

・自分の過去を振り返る中にある

・考えるのではなく好きなことを感じる

など、自分の心と向き合うことが大切になってくる。

方法としてはたくさんのやり方があるが、無意識を掘り起こすために、自分が過去に思ったこと、やってきたことなどを書き出すこと手法が多い。

自分に問いかけ、絞り出して感情と向き合うのだ。

見つけるためにはブログを書こう

その中でもわたしはブログが良いと思う。

プライベートな部分や、人に見られたくないことは紙などに書き出す方が良いが、起こったことや興味があることをテーマに、自分の感情を強制的に絞り出す手法としては、ブログが適している。

文章にする必要があり、他人が見てもわかるように書くうちに思考が整理されるからだ。

他人に向けて書いているうちに、客観的に自分を見れるようになる。

この自分を客観視するというのは、これからの人生でも役に立つ場面は多いと思う。

こういう思考のトレーニングとして、自分だけのものではないブログが必要だ。

見つけたあともブログが活きる

そうしているうちに、自分の好きなことを見つけ、それを仕事にしたときに、それまで書いてきたブログはすでに財産になっている。

・見つける過程でやってきたこと

・その時感じたこと

・好きなことの見つけ方

がそのブログには書いてある。

これはこれで、誰かの役に立つコンテンツになる、貴重な資料だ。

さらにブログを書いていく中で

・文章力がつく

・ブログが育ち、読んでくれる人ができる

・思考のトレーニングになる

・ITに詳しくなる

・マネタイズもできる

・ビジネスの母艦になる

などたくさんのメリットがある。

「好きなことはなんだろうか」と考えるだけで時間を浪費するのではなく、自分さがしと同時に様々なメリットを享受できるブログを書きつけ、育てておくべきだ。

仮にそのブログが、誰にも読まれなくても、ビジネスに使えなくても、何かの役には必ず立つ。

目に見える効果が出るまでは時間がかかるが、その中でもひたすらまいにちコツコツ積み重ねるブログは、将来の自分の宝になることは間違いない。